読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐりころころ

きたかゆのブログです。胃が弱いです。

ポーカーとっても面白い説

広告

さて時差の関係とかでなかなかうまいこと時間どおりに書けなかったりもするんですが、まあきちんと書いてるのは書いているのが現状です。めんどくさくなってくるとあれ、なんでこんなめんどくさいことやってるんだっけって思うんだけど、そのおかげでまた目的を思い出せるみたいなところは少なからずある。

さて、ホリデーシーズンに入り、お店も安売りしてるような状況。なんだかお店を見ていると僕の印象からするとサンクスギビングよりこの時期の方が割引率は高い気がする。基本的には洋服ね。アメリカではサンクスギビングが最大のセールみたいな感じで聞くし、人々は本当に狂喜乱舞してお店に行列を作ったりしている。日本人が行列並びがちとか言うけど嘘だ。みんな得がありそうなら並ぶんだろう。

そんでその最大のセールってのは本当にサンクスギビングが最大だと思うんだけど、洋服屋さんにおいては、もしその店がセールをしていれば割引率がクリスマスらへんの方が高いように思える。たぶんこれは電器製品と違って洋服は季節が物を言うものだし、地中海性気候の乾燥した比較的温暖な気候のここサンフランシスコでは冬服ってわりと重要性が低いのでセールをして短期間で売り払わないといけないからな気がする。

比較的温暖と言っても冬は一応あるので、冬服はお店側からしたら置かないといけないしね。しかもサンクスギビングというセールをせざるを得ない時期が冬にあるからね。冬でも半袖とか普通に置いてるからなあ。

まあそんなセールのゼニゲバ話は隅っこに置いておいてですね。今ですね、ポーカーにハマり始めました。きっかけは英語の勉強としてYoutubeで教材を探していたら見つけてしまったんですよね。Poker世界大会。それで英語聞き取りながら見てたらもう面白くて、なにが面白いって視聴者には手札を見せてもらえるのでこの人こんな顔でブラフするんだとか、そういう駆け引きの仕方するんだとか、ここ確率考えたら低いけどその裏を返してこうくる可能性はこいつだったらとか考えてゲーム理論的なことを考えているんだろうなあとかそういうのを見るととっても面白い。

ポーカーは運と実力の間。ちょっと色々調べてみようと思った。ハマッたら破産の可能性もあるので気をつけよう。まあそれは趣味全てにおいて言えることか。

ちょっと本を色々漁ってみます。

ここらへんが良さげならしい。

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編 (カジノブックシリーズ)

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編 (カジノブックシリーズ)

  • 作者: フィル・ゴードン,百方恵二,佐藤友香,松山宗彦
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2010/06/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 21回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編 (カジノブックシリーズ)

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編 (カジノブックシリーズ)

ほんじゃ。