読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐりころころ

きたかゆのブログです。胃が弱いです。

世の中をちょっと良くするサービス「ヨクスル」

広告

新事業「ヨクスル」を始めます | 関西/大阪のiPhone・iPadアプリ開発 feedtailor Inc. 社長ブログ

 

今日はなんだか気になったサービスの紹介です。
それがこちらの「ヨクスル」です。

 

f:id:kitakayu:20140730175729p:plain

 

ブログから引用

簡単にまとめると

・ユーザーは問題点と改善案を「ヨクスル」に投稿するとAmazon券をちょっともらえる

・そういう声をそれぞれの会社にまとめて提案

 

世の中にはたくさんの問題が転がっています

f:id:kitakayu:20140730175738p:plain

ブログから引用

 

セブンのカップ一つでさえもう少し良くなれば買うのに...なんてことは山のようにあります。しかしこういうなんともないことをお客様センターに電話するなんて手間わざわざかける人は少ないです。

 

なによりよしこれを企業に教えてあげようという風に電話してもクレーマー扱いされてしまう場合が多いです。

 

そしてこういう小さいけどストレスのたまることって意外とみんな忘れてしまうわけで、企業側が消費者調査としてアンケートで聞いたときなんて全くそういう声が出て来ないわけです。企業にとっては小さいことだが大事なことは消費者からすると小さいことでどうでもいいことなのです。

 

そんなわけで「ヨクスル」では、とりあえず自分たちのプラットフォームにそういう問題点や改善案を即座に送ってもらって、そこから企業に提供している形にしているのです。
ちりも積もれば山となるということで、小さい声だが大事なことを拾っていくサービスになるのでしょう。

 

ただしこういう小さいことは即座にサービスにつながれるようにアプリとして提供するべきだと思います。買い物に行って、あーこれ不便だなよしパソコンでサービスを開いて、ヨクスルに打ち込もう。なんせ小さい改善点ですからね。

そういう人たちはその場でそういうことを打ち込まないと言う気失せますからアプリですぐつながれる状況にした方がいいかと。

 

もう一つ言うと、ブログ記事では

 

問題を定義しアイディアを明文化できる力を持っている…とウチが(というか僕が)判断できる方のみとさせて頂く予定

 

とありますが、そういう形にするのは中の人のすることで、まずは小さい声集めをするサービスとする方がいいかと思います。

 

と、つべこべ言いましたが、このサービスの今後を楽しみにしています。