読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんぐりころころ

きたかゆのブログです。胃が弱いです。

毒味師としての海外生活

海外で生き始めるということは毒味をすることに等しい。そんな文章がどこかにあったようななかったようなというかはっきり言ってない。ただこれは事実だ。最近、一口味をたしなめるだけで毒っぽいのかどうかが分かるようになってきた。

恐ろしいことだが、違和感を感じて材料欄を見てみるとおどろおどろしい名前の成分表記に腰を抜かしそうになる。

オープンマインドになって色々挑戦して食べてみてよと言われるけど、一口トライしてやめる確率がここでは高すぎる。テンションが下がる。そんな負ける確率が高い賭けをたいしたリターンも得られる気もしないのに挑戦するのは合理的じゃない気がする。 オープンマインドになることと危なそうなものでも積極的に食べることはイコールではない。ニアイコールですらない。

上述の違和感は人間の本能か。 というか日本人としてとても食の安全が知らず知らずのうちに確保されていたところで生きたきたことがこの能力を開花させているんじゃないかなと思う。

それってたぶん法整備の問題で、よく言われるようにアメリカはわりと市場に任せて法規制をきつくすることはない、それがベンチャー企業の進展に大きく寄与する部分もある。それがもてはやされることもある。 ただ物事にはやはり、表裏一体あって、市場に任せすぎることによって安全の部分がないがしろにされることもあるのだろう。食の部分では大きくそれを感じる。それは肥満率の高さや街行く人たちの補助車率の高さとか見ても結構大きく感じ取れる。オーガニック最先端のこの街ですらだ。

その点、日本は安全だ。ある意味管理された体制のもとで物事がなされるからなのだろうか。

たしかに市場に任せることで、マクドナルドなんかは日本では人気に陰りがあるように見える。身体に悪いものだからやめとこうってことだろうし、それ以上の選択肢が出始め、自然淘汰される。みんな健康でいる方がハッピーだから当然だ。ただ日本市場ではそうだけど、海外ではしっかり稼いでたりする。(一応日本も。

まあもし海外で稼いでなかったとしても、いずれにせよ自然淘汰には時間がかかる。その間に犠牲になる人は市場の犠牲なのだろうか。

ただ犠牲って言ってもちょっと身体に悪いものを食べただけで、それ以外の健康への害になる要因もいっぱいあるでしょ論やそもそもいずれ人は死ぬからそんな大げさに色々言わなくて論、FDAはもっとしっかりやってて大丈夫だよ論なんかもあるだろう。

いずれにせよ、そういう食べ物を食べないという選択肢もあるうえで、それを食べているのだからいいという考えもできる気もしてくる。金銭的制約でそういうものを食べるしかない場合でも、そういうものがなければ食べるという選択肢もなくなってくる可能性もあるので、なんとも言えない。

僕は自分の身体が直感的にやばいと思ったものは食べたくない。

帰りたいコリアンボーイ

連続してブログを書くのは難しい。なぜかと言うと、なにかにハマッてるとブログじゃなくて時間をこっちに使いたくなる。そして、それがポーカーだ。

さてポーカーの話は置いておいて、クリスマスも過ぎて、年末に向かって走りだしている今日このごろですけど、世間はゆったりとした時間の流れになっている気がしています。実は引越しが今日で、昨日一部だけ荷物を持って行きました。そこでハウスメイトの人たちになんか色々と切ない話を聞いてしまって。。。

その中の一つが韓国人の話で、まあ知ってる方も多いと思うんだけど、韓国ってのは財閥企業がすごくてそういう企業たちがマーケットの大半を独占していて新たな企業が育たないような状況ってのが深刻ならしいんですよね。こういうニュースはわりと日本にいてもたまに聞くニュースです。サムスンとかLGとか。

韓国 財閥 独占 - Google 検索

で、そういう企業にはいるには超大変で、まあこれは一年に一度は流れてくる韓国の受験事情みたいなのを見れば分かりますよね。そんでそこで成功できなかった人たちはどうするかって言うと海外に出るわけです。その上位数%の財閥企業じゃなかったら大した金も稼げないってなると。

これびっくりするんですけど、彼が言うには韓国政府がお金を出しているらしいんですよね。他の国で働いて来いって若者に言うわけです。その代表的な国がアメリカらしい。

すごいですよね、政府はそういう企業構造を変換する方にお金を使うんじゃなくて、国内じゃ雇用ないから外に行っておいでって自国から出すわけですよね。それって行き着く先は、国の衰退なんじゃ。。。 まだね、そのトップ大学にいる人たちにお金を出して外に行って刺激を受けておいでって言うなら分かるんですけど、どうやらそんな感じゃないんですよね。

そんでもって彼は超韓国に帰りたがってて、あーせつねえなって感じでした。彼はできるもんなら韓国で就職して、ある程度の富裕層になりたいような感じだったんですよね。それならそっちの方に力を入れる方が良いんじゃないのかなあなんて思った日でした。

まあこれは聞いた話であって、インターネットの溝に捨ててある文章だと思って聞いてくれたらいいんですけどね。

なんか違和感があったお話でした。